ミツバチ減少② 原因は気候?農薬?絶滅してしまったら、起こり得る世界。

世界有数の農薬大国、日本① 各国使用量統計の現状や、期待する農薬効果等。

こんにちは、「むすび」石原です。

こんなに身近なミツバチに、絶滅危惧が迫っています。前回に続いて「ミツバチ減少」の第2弾です。

ミツバチは、世界食糧の約1/3、全作物種数の約7割の受粉を、支えていると言われます。

そんな極めて大恩のあるミツバチが今、苦しんでいます。生息地の森林減少、気候変動、寄生虫、そして最も大きい原因とされる田畑へ撒く農薬など、諸々綴りました。

【 お伝えしたいこと!目次 】



  1. ミツバチが、もし消えてしまったら?
    1. ミツバチ絶滅の4年後に人類滅亡!?
    2. 野菜・果物・木実が、手に入らない
    3. 乳製品・油・綿も、入手困難になる
  2. ミツバチの減少、原因は何か?
    1. 帰巣能力が喪失する、ネオニコ農薬
    2. 減少の一途、生息地の森林減少
    3. 農業衰退と蜜源減少は、負の連鎖
    4. 集蜜に困る長雨、植生変える温暖化
    5. クマに襲われ、シカに荒される蜜源
    6. ダニ、ウイルス、スズメバチの脅威
  3. 様々な事象が繋がり起こる、自然現象
    1. ミツバチと人間の関係、いつまでも!

1. ミツバチが、もし消えてしまったら?

赤い舌を出し自ら蓄えた蜂蜜を舐めるミツバチ
▲ 赤い舌を出して、貯蔵した蜂蜜を舐めるミツバチ。

1-1. ミツバチ絶滅の4年後に人類滅亡!?

天才物理学者アインシュタイン博士は、「ミツバチが絶滅した4年後に人類も絶滅する」と話されたとか、、

真偽分からず都市伝説でありますが、それほどに私たちの生活は、ミツバチに多くを依存しています。

もし、ミツバチがいなくなったら、当然蜂蜜は、入手できなくなります。多くの野菜や果物も育たなくなり、世界の農作物の1/3が、失われる恐れがあります。

穀類の米、麦、トウモロコシは、ミツバチの受粉を媒介しないため、小さな影響かもしれません。けれども、農業の全体や、私たちの生活は、一変してしまうでしょう。

ミツバチ受粉のおかげで美味しく食せるイチゴ
▲ 苺が美味しく食せるも、ミツバチの受粉のおかげ。

1-2. 野菜・果物・木実が、手に入らない

ミツバチは、果物、野菜、ナッツ生産に、とても重要な役割を果たします。

リンゴ、ミカン、イチゴ、ブドウ、サクランボ、モモ、ブルーベリー、メロン、ナシ、スイカ、カボチャ、タマネギ、キャベツ、キュウリ、アボカド、コショウ、アーモンド、クルミ、コーヒー、チョコレートなど。

これらの作物は全て、ミツバチの受粉に大きく依存しています。

私たちは、旬が分からないほど、一年を通し、様々な食材を食べられるようになりました。ハウス栽培とミツバチのおかげです。そのハウス栽培も、ミツバチがいなければ成り立たないのです。

ミツバチの受粉で茂る牛の巨体を支える牧草
▲ 牛の巨体を作る牧草も、ミツバチの受粉のおかげ。

1-3. 乳製品・油・綿も、入手困難になる

  • 乳牛も、ミツバチと密接な関係。

    エサの大半は、ミツバチの受粉が必要なアルファルファやクローバーなど、干し草です。牛乳、バター、チーズも消えてしまうかもしれません。もちろん、牛肉や羊肉だって同じです。

  • 世界の油脂の半分以上は、植物油。

    菜種、胡麻、大豆、落花生、紅花など、油糧種子の受粉も、ミツバチによって成り立っています。

  • デニムやシャツ、コットン生地も同様。

    原材料「綿花」の栽培も、ミツバチに依存しています。綿が世界から消えたら、化学繊維の衣服ばかりになってしまいます。

2. ミツバチの減少、原因は何か?

世界で規制されるネオニコチノイド農薬の散布
▲ 農薬の仕業なの!? 帰巣できずに消える失踪現象。

2-1. 帰巣能力が喪失する、ネオニコ農薬

決定証拠がなく、解明されていないものの、農薬は、大きな原因の一つと言えます。

特にネオニコチノイド系農薬は、人に毒性が弱くとも、ミツバチには、微量でも脳神経に作用し、方向感覚を失わせるとされます。帰巣できず、ミツバチの大量失踪(蜂群崩壊症候群)の要因と考えられています。

  • EUは、ミツバチに影響あるとして、ネオニコチノイド系農薬3種を使用禁止にしました(2018年)。
  • アメリカは、ネオニコチノイド系農薬を使った、農薬製品12種を承認から除外しました(2019年)。

日本でミツバチの死骸が最も多いのは、田んぼです。「農薬は、出来るなら使いたくない」農家さんに思いがあっても、斑点米の基準が厳しかったり、ネオニコチノイド系農薬を使わざるを得ないのも事実です。

味わい優しいアカシア蜂蜜の蜜源を訪れる蜜蜂
▲ 味わい優しい万能蜂蜜、東日本の代表蜜アカシア。

2-2. 減少の一途、生息地の森林減少

日本の蜜源植物は、アカシア、栃、桜、菩提樹、ミカン、リンゴ、栗、レンゲ、クローバー、菜種、蕎麦など。

蜜源樹木の伐採であったり、栽培終了であったり。全国的に蜜源地は、縮小一の途です(農林水産省調べ 日本の蜜源面積:1980年370,700ha → 2020年107,500ha)。

  • 日本は、国策で自然林をスギやヒノキに変えてきました。ただスギやヒノキ林は、エサが少なく、昆虫や動物が生息しにくい環境です。
  • 蜜量多く、養蜂貢献の高いアカシアは、要注意外来種に指定され(在来種駆逐の加害は、確認されていませんが)、植樹できなくなっています。

ミツバチは今、花に在りつけ辛くなっています。ミツバチにとって、花蜜は、エネルギー源です。花粉は、アミノ酸・脂質・ビタミン・ミネラル源です。

田園に広がったレンゲ畑に立ち寄るミツバチ
▲ 少なくなった西日本の春、一面レンゲの田園風景。

2-3. 農業衰退と蜜源減少は、負の連鎖

田んぼ一面に広がった「レンゲ畑」を記憶してる方は、多いのではないでしょうか?

  • レンゲ畑は、自生でなく、農家の栽培でした。春、レンゲごと田んぼを耕すと、良い窒素肥料になったのです。ミツバチは、そこでレンゲ蜜を得ていました。
  • クローバーも同じ目的です。腐葉土を作る肥料として撒かれました。他にも、果樹園やハウスで、受粉交配を手伝う見返りに、ミツバチは、蜜を得ていたのです。

しかし、肥料は、化学肥料に代わり、耕作地は、放棄地や都市開発が進み、田園風景は、大きく様変わりしました。

ミツバチは、巣を出てから、目的の花以外にも、様々に寄り道し、野花の受粉を助けていたでしょう。野山の自然を作っていたでしょう。

2~5万匹のミツバチを抱え膨らむ採蜜直前の巣
▲ 開花に合わせ蜂群を頂点へ、養蜂家の腕の見せ所。

2-4. 集蜜に困る長雨、植生変える温暖化

養蜂家は、開花の時期を見越し、女王蜂の産卵を促し、開花に合わせ、蜂群をピークにもっていきます。

昨今、温暖化によって、蜂群が育たないうちに、花が咲いてしまう事象が起きています。

また、雨の日にミツバチは、飛ばないため、花の季節に雨が続くと、蜜が採れません。北日本では、開花と梅雨が重なることが多くなりました。梅雨がないとされる北海道でも、雨が続く年が増えました。

台風の大型化や、水害も頻発しています。蜜源植物が倒れたり、枯れたり、植生も変化してしまったり。ミツバチの生息にも、当然波及していきいます。

電気柵必須で蜂蜜の匂いを嗅いでやってくる熊
▲ 電気柵の対策必須、匂いを嗅ぎ付けやってくる熊。

2-5. クマに襲われ、シカに荒される蜜源

今、山野のシカ、イノシシ、クマなど、里地に現れ、農作物を食い荒らす被害が深刻化しています。

山にエサがなくなったから、里に降りてきます。山には、蜜源植物が多くあります。

山の草木が食い尽くされ、ハゲ山になってしまえば、当然、花も咲けません。ミツバチを始め、花粉を媒介する昆虫の減少に繋がってしまいます(クマは、ミツバチの巣を直接襲います)。

ミツバチが減ると、農作物だけでなく、山野の実りも減ります。それを食べる動物たちにも響いていくでしょう。生態系は、全てが密接に繋がっています。

ミツバチを襲う寄生ヘギイタダニの大きな脅威
▲ 巣内で繁殖し死へ至らす寄生ダニも、大きな脅威。

2-6. ダニ、ウイルス、スズメバチの脅威

寄生ダニ・ウイルスも、深刻な問題です。ミツバチ減少の主原因の一つとされています。

一番の被害は、「ヘギイタダニ」という寄生ダニです。ミツバチの巣から巣へ広がります。体液を吸い、死に至らすとともに、ダニを宿主するウイルスまで持ち込みます。

寄生ダニは、巣に侵入し、幼虫と蛹(さなぎ)時から、体液を吸い始めます。同時に産卵し、約1週間で親ダニに成長します。ミツバチに寄生したまま外に出て、別の巣へ侵入し、繁殖を繰り返します。

さらに、アジア発の外来種「スズメバチ」の脅威もあります。防御策を持たない「セイヨウミツバチ」は、襲われると、成す術がなく、巣ごと絶滅させられます。

3. 様々な事象が繋がり起こる、自然現象

蜜蜂しか作れない蜂蜜は人類最初の天然甘味料
▲ ミツバチから最高の贈り物、スーパーフード蜂蜜。

3-1. ミツバチと人間の関係、いつまでも!

人間は、「自然から独立する技術を持った」と幻想したかの如く、自然を変えてきました。ミツバチの環境へも、農薬散布や生息地減少など、苦境へ立たす原因を作ってしまっています。

ギリシャ神話の「最高神ゼウスは、蜂蜜とヤギの乳で育てられた」とされます。太古からミツバチと人間は、伝説が作られ、深い関わりがあります。

食べては、栄養の宝庫として、作っては、農作物の受粉の担い手として、大恩のあるミツバチたち。

たった1種のミツバチの喪失でも、生態系を崩してしまう恐れがあります。森林の減少、台風の被害、クマの襲撃、個別の事象に見えても、深くで繋がり、全体に影響を及ぼしているのです。

▼ 太古から続く、縁深いミツバチの消滅危機。こちらの記事も、合わせてどうぞ。


以上です。最後までお読みくださり、有難うございました。

コメントを残す