ゲスト さん

2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日

2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホーム > 食産品 > 北海道鵡川産 《本ししゃも》 Lサイズ 子持ちメス 20尾

北海道鵡川産 《本ししゃも》 Lサイズ 子持ちメス 20尾

芳醇な香り・しっとり深い味わい 北海道鵡川産 "本ししゃも"



シシャモの小さな身体に宿る絶品の味わい

シシャモを凍ったまま、網やフライパンの上に置いて火にかけると、焦げ目がつく頃には、実に芳ばしい香りが漂い、辺りを包み込みます。

頬張ると、はち切れんばかりに詰まった、プチプチと弾ける卵の食感と、しっとりした甘く優しい身の旨味を感じ取れると思います。

古くからシシャモと生きる、むかわ町の町魚

アイヌ人の危機に、「柳の葉」が「魚」へ変わり、民の飢餓を救った「神の魚」として尊ばれ、アイヌ語の「スサム(スス:柳、ハム:魚)」がなまり、シシャモという名前がついたといわれています。

むかわ町では、古くからシシャモ漁で栄え、冬を越す保存食としても重宝され、町に欠かせない存在として、象徴(町魚)にもなっています。

鵡川産シシャモは、脂が適度に乗り(ex.釧路産シシャモは、脂が多く、若干ギトギト…)、天日干しに向き、秋の訪れを告げるこの地域独自の風物詩「すだれ干し」が、町の至るところで見られます。

北海道の太平洋沿岸だけに生息する日本固有の種

世界的にもシシャモは、北海道太平洋側の水深120m未満の限られた地域にしか分布しない、日本固有の魚です。

鮭と同じく、産卵のために生まれた川へ戻ってくる回遊魚で、現在、日高・十勝・釧路の8河川でしか、確認されていません。

10月、満潮と日没が重なる時、シシャモは群れをなして川を遡上し始めます。
オスは子孫を残して生涯を終え、メスは産卵後、一部が海へ戻り、翌年再び川を遡上して帰ってきます。
生産者 マルキタ食品 佐藤和則さん
商品名 天日・浜干し 鵡川本ししゃも
内容量 ししゃも Lサイズ 子持ちメス 20尾
サイズ Lサイズ 13〜15cm,18〜23g
漁場 北海道勇払郡 むかわ町沖
加工場 北海道勇払郡 むかわ町汐見
賞味期限 製造より約2か月
保存方法 冷凍庫で保存ください。
受注・配送 18時迄のご注文で:原則、5日以内に出荷・発送(冷凍便)
同梱物 納品書等価格の入る書類等は同梱しておらず、「ししゃも」の商品紹介文のみ同梱しています。
ポイント85
価格8,532 円 (税込)
数量
 
品切れお気に入りに登録する
商品についてのお問合わせ
この商品へのお客様の声

入力された顧客評価がありません
  氏名 : 評点 :
内容 :
レビュー書き込み