ゲスト さん

2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
ホーム > 地域むすび隊の素顔 > 山形県鶴岡市 地域おこし協力隊 田口比呂貴 ( たぐち ひろき ) さん

田口 比呂貴 ( たぐち ひろき ) さん

山形県 鶴岡市 地域おこし協力隊


目指すは山んど(マタギ)の伝承者!この地の伝統を守りたい!

大阪府豊中市出身、法政大学ではヨット部に所属し、主将として全日本インカレ4位の入賞実績を持つ田口さん。大学卒業後は、電子部品メーカーの勤務を経て、2013年より、母の実家のある山形県にて、山形県鶴岡市大鳥地区の地域おこし協力隊となる。


協力隊へのきっかけは偶然出会ったお爺さんの生き様だった


社会人2年目のとある日、ヒッチハイカーだった田口さんを偶然にも車に乗せてくれたお爺さんのご自宅へ遊びに行った時、「豊かな生き方とは何だ?」を本気で考えさせられたという田口さん。

「豊かさとは、都会の暮らしの中で、金銭とか、住まいとか、便利さとか…。今まで疑りもしなかった自らの固定概念と真逆の世界がそこにはありました」という。

「ほぼ山小屋といえるようなところに住み、山と川の中だけでの生活。ワラビや筍などを採り、その場で食べる…。新鮮で美味しかった山の幸と、人生を考えられるゆっくり流れる時間がそこにはあり、本当に心が安らぎました。『 ”生” に直結する営みがこんなにも心を豊かにするんだ』と実感したんです」と話す。

何とかしなければ!勢いと使命感で飛び込んだ地域おこし協力隊


「そのお爺さんが、『この地域の若者の大半は都市へ向かっていく。伝統のお祭りも消えた。この村もいつまでもつのか…』と話されていました。寂しそうなその姿に、『何とかしなければ!』と強く思い始めたんです」

そんな中、天に導かれるように総務省が取り組む『地域おこし協力隊』という制度があることを知ったという。

現在、田口さんは、新潟県と県境を接した山間の限界集落、山形県鶴岡市の大鳥地区に移住し、町おこしに奔走している。鶴岡市内でも高齢化率No.1の地域である。

地域づくりのためのイベント参画、特産物を活用した取組み、住みよい里づくり、高齢者の生活支援など、業務は多岐に渡る。

山の恵みを感じる日々


「この地域に来てまず思ったことは、高齢化は進んでいるけど、おじいちゃん・おばあちゃんは意外に元気!」

春には山菜採りに山へ、夏は田んぼや畑、秋はキノコ採りに山へ、冬は狩猟で山へ!
「地元の人たちは、忙しなく動いていますが、山や大地から大きなエネルギーをもらっているような気がします。山の恵みを受けた食べものは、どれも新鮮そのものですし、信じられないくらい美味しいです。これが元気の源になっていると感じます」と話す。

「ここには山からの恵みを受け、山と生きる営みがあります」食べることへの有り難さ、今あるものへの感謝の気持ちは、都市で暮らしていた頃と、格段に変わったと田口さんはいう。

人と人がつながる場所をつくりたい!


かつて、鉱山や木々を利用して日本国内のエネルギーを支えてきた地域の一つであるこの地域も、鉱山が潰れ、炭焼きが廃れ、急速な人口減少と高齢化が進んでいる。

かつての賑わいを思い、昔を懐かしむ地元の人たちを度々、見ることもあるそうだ。

「地元の人たちの元気と強いつながりを作りたくて、『お茶飲みサロン』という催しも始めました。
回を重ねるごとに参加者は増え、今では地元集落の1/4もの方が参加してくれるまでになりました。地元にとって楽しく居心地の良い場所、誇りを作れる場所になりつつあることを実感しています」と話す田口さん。

山んど(マタギ)の伝承者となる!


鶴岡市大鳥地区に移住して1年。しっかりと地元に足をつけ、地元の魅力を理解し、地域のポータルサイト(大鳥Days)を制作するなど、発信をし始めた田口さん。

将来やっていきたいことはと聞くと、「やまんど(山人)の伝承者になることですね!(笑)」と返ってきた。

「ここは素晴らしい資源がたくさんあります。雪解け水の濁りの無い川が田んぼに注ぎ込み、年間の激しい寒暖差は抜群の天然の山菜・キノコを作ります。
今では珍しくなった熊や鹿などを伝統狩猟で狩る、マタギ文化も残っています。日々山の恵みを受けながら山に祈り・感謝する地元の人たち。私も狩猟免許を取得し、山に入る準備ができました!山に支えられてきた800年の歴史が、これからも刻み続けられるよう、この地の魅力を伝承していくことが私の役目ですね」
1件の田口さん担当の生産者がいます。


  • 山形県鶴岡市 鈴木農園 鈴木繁治さん

    山形県鶴岡市 鈴木農園 鈴木繁治さん

    日本海に面した山形県庄内地方の鶴岡市羽黒町の月山高原で、無農薬・有機栽培のブルーベリーをつくる鈴木さん。ブルーベリーに適した自然環境の中、良い品質は根づくりからとブルーベリーを作る傍ら、地域の発展と後世の育成にも尽力している。


▲このページのトップへ