ゲスト さん

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日

2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
ホーム > 生産者の素顔 > 島根県隠岐の島町 美保丸 石田正治さん

島根県隠岐の島町 美保丸 石田正治さん

岩ガキ サザエ ワカメ


日本海沖合に浮かぶ豊穣の島・隠岐の島で捕る極上の海の幸

島根県松江半島から沖合70kmの島・隠岐の島で、岩ガキ・サザエ・ワカメを産む石田正治さん。
日本海・対馬暖流からもたらされた豊かな岩礁・藻場を持つ全国有数の漁場・隠岐の島から、豊穣の海の幸をお届けする。


日本海沖合に浮かぶ豊穣の島・隠岐の島で捕る極上の海の幸


”大地の公園” と訳される世界ジオパークに「地球の不思議と出会う島」として認定された日本海の沖合の島・隠岐の島で、漁師・民宿を営む美保丸・石田正治さん。

島の中でも最北部・中村という海の透明度が特に高い地区に所在し、豊かな岩礁・藻場と日本海の荒波の中で育つ、抜群の身の締りを持つ海の幸、隠岐産の岩ガキ・サザエ・ワカメを産んでいる。

隠岐の島は、島根県松江半島の沖合70kmに浮かぶ火山島で、対馬暖流・リマン寒流がぶつかる全国有数の漁場として知られている。
「一度潜ればこの海の凄さが分かります」と石田さん。藻場が多く、海藻唯一の天然記念物・クロキヅタが生息し、魚たちの育つ環境が整っている。

沖合ではイルカが泳ぎ、大きなブリの大群にも高確率で出会うこができる、北海道にいる魚も沖縄にいる魚も見ることができるのだそうだ。
プランクトンが豊富で様々な魚貝類が棲息する豊穣の海・隠岐の島から、海の幸をお届けする。

プリプリ・ムチムチの身!海藻豊かな天然の漁場


「ムチムチの身・特に肝の部分を見て欲しい!」
サザエを壺焼きで食べる時に身を引っ張り出せず、切れてしまうなんてこと、石田さんのサザエではほとんどない!海から揚げられた後に、水槽などで長い時間飼っていたりすると、痩せてくるのだそうだ。
訪問させていただいた時、石田さんはその場で殻を割り、「このムチムチに太った身体がウチの自慢です。食べてみてください。中身が違います!」と語気荒く、生のサザエを手渡してきた。

口に入れると、磯の香り・コリコリの食感・沁み出す旨味、美味しい…!そして苦くない!
サザエの肝は、苦くて独特のクセがあったはずだが…感じない。私の驚きの顔をニヤリと見つめる石田さん(笑)「海藻の多い海で捕れるサザエは、苦みが少なく味が良くなるんです」という。

岩ガキも同じだ。海藻が多いから、岩ガキのエサとなるプランクトンも豊かにする。隠岐の島が全国有数の漁場たる所以の一つである。

歴史と人々の営みが生む"隠岐"の魅力


石田さんの所在する隠岐の島・中村地区は、隠岐の島の中でも特に高い透明度を誇る海を有する。ゆえに辺鄙で、「かつては中学の生徒も300人近く居ました。しかし今では、中学校はおろか小学校までもが廃校で無くなってしまった」という。
隠岐の島全体でも、2013年9月に世界ジオパークに認定されたもののまだまだ認知は低く、人口減少も止まらない…。

「隠岐の島は、島根県の本土からも、フェリーで2時間半をかけなければ辿り着けません。利便性など全くなく、コンビニエンスストアも1軒もありません。しかし、だからこそ、ここにしかない特別なものがあります」という。

約550万年前に火山で誕生し、1万年前に離島となった隠岐諸島。「広がる絶景・不思議な生態系・独特の地元文化・そして海と大地に育まれた美食の宝庫!是非、この地にも足を運んでいただき、隠岐の島の人々と自然を感じてもらえたら嬉しく思います」と話された。


生産者美保丸 石田正治さん
創業年
生産地島根県 隠岐郡隠岐の島町中村
取扱食産品岩ガキ
サザエ
ワカメ
出荷・配送 15時迄のご注文で 原則、翌々日迄に出荷・発送いたします(好天時)。
日本海は荒れることも多いため(特に冬場)、ご希望通りにお届けできない可能性もございます。あらかじめご了承ください。
生産・地域特記 ‖佛話販・リマン寒流がぶつかる全国有数の天然の好漁場
隠岐の島の中でも、特に綺麗な海を有する中村地区産
プリプリ・ムチムチに太った肉厚の身体
豊かな岩礁・エサとなる豊富な海藻とプランクトン・日本海の荒波の中で育つ上質な海の幸をお届けします。

2件の美保丸 石田正治さんの取り扱い商品がございます。